おはなしカフェ

超満員のバスにベビーカーごと乗ろうとした小さい子連れの女性が怒られた末に叫んでいました。

time 2023/04/19

超満員のバスにベビーカーごと乗ろうとした小さい子連れの女性が怒られた末に叫んでいました。

2年か3年前の冬(多分1月~3月、年は越してた)、霜が降りる程度の気温だった朝の話。

高校に行くため、高校の一番近くに停まるバスを使っていた。
課題について約束があり、いつもより早くバスに乗った。
このバスはラッシュ時に少し混む道を通る。

その朝、車内はラッシュ時なこともあって超満員。
私は慣れない寿司詰め車内にぐったりしながら流されていたら、
運転席のすぐ後ろまで押し出されていた。

この時、習慣で音量控えめにした音楽を聞いていた。
ふとバスが停まり冷気が入ってきたので、
(あー誰か乗るのね、ぴんぽん聞こえなかったし)
と思ったのだけども、二分くらいしても扉が閉まった感じがしない。
(気のせいかもしれないけど、扉が開いたらへんのタイミングで、
誰かの『はぁ?』という声を聞いた気がする。
扉のほうを振り返って見たけど自分チビなもので、高校生や出勤中の方々で
乗車率140%くらいぎっちりな対角線側が少ししか見えない。

どうやらベビーカーごと乗ろうとした小さい子連れの女性が、
怒られた末に以下のようなことを叫んでいました

(Visited 4,062 times, 2 visits today)

down

コメントする




シェアする

  • 人気記事

  • 最近の投稿

  •