おはなしカフェ

事故で運ばれた妹の所へ行くと、夫『早く母の飯を作れ。捨てられたいのか?』トメ「保険金は?」→あるものを見た弁護士は目を見開き絶句した…

time 2020/05/11

事故で運ばれた妹の所へ行くと、夫『早く母の飯を作れ。捨てられたいのか?』トメ「保険金は?」→あるものを見た弁護士は目を見開き絶句した…

私は幼少期に親をなくして施設育ちです。
トメはくだらないことでいつも私を呼び出してた。
ゴキブリが出たとか電球が切れたとか。
嫌だったがエネ夫がうるさいので、
共働きなのに車で30分の距離を
通って用事を足していた私もエネMEだった。

私の妹が事故にあって病院に運び込まれたと連絡が来た。
丁度その時トメから
「体が辛いから飯を作りに来い」とコールがきた。
メシを作りに行こうと言うエネにぶちきれて、
強行突破で病院に向かった。

妹は重症だったが命に別状はなし。
その間なり続けるケータイ。
エネ夫からは
「どこにいるんだ?早く帰って来い」
「捨てられたいのか」
「ふざけるな、さっさと連絡しろ」と
メールがばしばし入る。
トメからは
「捨て子を貰ってやったのに」
「あんたは奴隷なのよ。私と息子ちゃんの命令を
聞いていればいいの」
「妹生きてるの?タヒんだ?保険金は?」と
留守電がばしばし残されてた。

(Visited 2,183 times, 1 visits today)

down

コメントする




シェアする

  • 人気記事

  • 最近の投稿

  •