おはなしカフェ

足腰が弱ってきた母『バリアフリーにしたいが資金がなくて‥』兄嫁「私達が同居します!建て替えましょう!」私『私も半分出すね』→完成した家は、設計図と全く違くて・・・

time 2020/11/21

足腰が弱ってきた母『バリアフリーにしたいが資金がなくて‥』兄嫁「私達が同居します!建て替えましょう!」私『私も半分出すね』→完成した家は、設計図と全く違くて・・・

足腰が弱ってきた母、家をバリアフリーにしたいが資金がないと私と兄夫婦に相談してきた。

兄嫁が自分から「でしたらいっそ建て替えましょう。私達が同居しますから」と言ってくれた。
ありがたいと思い、母名義の家を壊し兄名義でバリアフリーの家を建てることに。

頭金の半分ほどは同居してくれるならと私が援助。残り半分は母の資産。
兄は残ローン支払い(母名義の土地担保)。
どうせ建てるならと全員であれこれ話し合い、納得いく設計図になった。

いざ建て替えとなり、母はその間私の家へ(私は首都で賃貸の一人暮らし。
母は今は杖ありだが普通に出歩けるので、一人で動けるうちに首都見物がしたいと言われた)。
さて棟あげとなり、新築の家に行くと設計図とまるで違う…。

一番問題なのは、足腰弱い母のためのホームエレベーターがついてない。

メーカーに聞くと「兄嫁の指示。施主の兄は打ち合わせは兄嫁とするようにとのことだった。設計変更の書類には兄の実印もある。当方に落ち度はない」

兄は「細かい打ち合わせは嫁とするようには確かに言った。内装レベルの話のつもりだった。実印はそういや嫁が管理してる」

兄嫁は「任せるって言われたし、子供にピアノ習わせたくて防音室造ろうとしたら予算足りなくて。お義母さん段差だらけの前の家で大丈夫だったんだしエレベーターは贅沢、電気代もすごくかかるし」

大丈夫じゃないから建て替えになったんだろうが。母用スペース3階まで足腰弱い母にのぼらせるのか?

(Visited 5,108 times, 1 visits today)

down

コメントする




シェアする

  • 人気記事

  • 最近の投稿

  •